2011年07月05日

6月26日定例ゲーム

 去る6月26日
 高浜銃工は、バトルシティ・ユニオンの定例ゲームに参加してきた。
 定例会の参加者は総勢80名ほど。
 高浜銃工は、後輩メンバーを合わせて12人が集まった




 バトルシティユニオンは、開けたフィールド建物廃車等が設置された、市街地戦を体験できるフィールドだ。
 広々として見晴らしがよく、敵の発見率が高いため、そこここで撃ち合いが頻発する良フィールドである。
 バトルシティユニオンの詳しいフィールド解説、定例ゲームの内容などは、3月2日の記事とほぼ同一なので、そちらを参照してもらいたい。


 今回の定例会では、隊長の発案でチーム初の試みを行ってみたので、そちらを紹介したい。



 高浜銃工のメンバーは午前中のゲームを終えると、昼食もそこそこに、見学エリアに上ってフィールドを見渡した
 バトルシティユニオンには、フィールドとセーフティゾーンを隔てる壁の二階部分に見学エリアがあり、そこからフィールドを見渡すことができるのだ。
 ちなみにこの見学エリア、アクリル板で防護されているため、ゲーム中であっても安心して見学することができる。


 メンバーは、隊長を中心にして綿密な打ち合わせを行った。
 昼食後に行われるセミオート戦において、チーム一丸となってフラッグをゲットするためである。
 今まで、数人のメンバーが固まって行動したことはあったが、高浜銃工全員が、ひとつの目標に向かって進軍するのは初めての試みだ。
 何せ高浜銃工のメンバーは、後輩組を加えると少ないときでも十人を超える大所帯だ。
 これだけの人数効果的に動くためには、綿密な打ち合わせは欠かせない


 打ち合わせの末に決まった作戦の概要を説明しよう。



 赤い丸で示したあたりが、大まかなスタート地点である。
 メンバーはゲームスタートと同時に、矢印の先にあるやぐらを目指す。
 このやぐらは、一、二階ともに壁に囲まれた建物状になっている。ここを奪取してしまえば、安全に敵を警戒することが可能だ。
 地上、二階という異なる目線から警戒できるため、敵の奇襲を見逃しにくいという利点もある。
 しかしフィールド半ばに位置しているため、こちらがやぐらにたどり着くより先に、敵がやぐらを狙い撃てる位置たどり着いてしまった場合、無防備に走っているところを一掃されてしまう危険も伴う。
 こちらのメンバーが如何に早くやぐらにたどり着き、けん制に入れるかポイントだ。



 首尾よくやぐらにたどり着けたら、敵の進軍をけん制して足止めしつつ、各個撃破していく。
 大人数でやぐらを奪取してしまえば、かなりの数の敵を安全に討ち取れるはずだ。
 やぐらから狙い撃てる敵あらかた倒した後は、矢印の方向に進軍する。
 やぐらとその周囲に数人の味方を残し、援護を行いながらの慎重な進軍になるはずだ。



 やぐらの先まで進軍すれば、敵地はもう目の前だ。
 このあたりまで来ると、森側に進行した敵が引き返してきた場合、背後を取られる可能性があるため、前方だけでなく後方も警戒しなくてはならない。
 この時点で、多方向を警戒できるだけの人数が残っているか否かが、大きなポイントとなるだろう。

 敵地に突入する場合、ほぼ間違いなく敵の待ち伏せに遭う。
 位置取りにしても人数にしても、先に展開して防御に徹している敵のほうが確実に有利だ。
 そのため、ここでまた二手に別れる
 片方が敵陣地に射撃を加えて注意を引いているうちに、森側を迂回した方が速やかに敵の側面を叩くのである。
 敵の側面を取ることができれば、フラッグは青い丸で示した地点、目と鼻の先だ。
 この時点で十分な人数が残っていれば、威嚇射撃で敵防衛ラインの頭を抑えながら、隙を見てフラッグをゲットすることができるだろう。


 これらの作戦概要を踏まえて、実際のゲーム内容レポートしていく。



 打ち合わせを終えて、ついに参加者がゲームフィールドに入った
 ゲーム開始直前まで、お互いに動きを確認し、意思疎通を図っている。



 頻繁に言葉を交わしあいながらも、どこか張り詰めた空気の中で、ゲームスタートのコールが鳴り響いた。
 「GO! GO!」
 発破を掛け合いながら、競うように駆け出すチームメンバーたち。
 抜きん出た数人がやぐらに駆け上りけん制射撃を開始した。
 敵からの応射はない
 こちらの進軍のほうが、敵の展開より早かったようだ。
 無事、やぐらの奪取に成功した。



 こうなると、後から展開してきた敵は、無防備な姿を晒すしかない。
 やぐらからの容赦ない射撃が、次々に敵を討ち取っていった。
 開始直後のダッシュ位置取りは、戦況を大きく左右する。
 こちらのチームも、敵チームも、今まさにそれを痛感していることだろう。



 しばらくすると敵も防衛ラインを形成し、やぐらに向けて散発的に攻撃してくるようになった。
 じっと遮蔽物に身を潜め、時折、頭を出して射撃を加えてくる敵と、敵の位置を割り出し狙いを定めて待ち伏せるやぐら側との間で、一進一退の攻防が続く。
 少しずつ、こちらのチームにも被害が出てきた。
 有利なやぐらを奪取したとは言え、無傷で倒されてくれるほど、敵も甘くはない
 今後の進軍に頭数が必要なこちらとしては、痛い損失だ。



 しばらくして、敵防衛ラインからの射撃がやんだ。
 数人の先発隊が、そっとやぐらを降りていく。
 作戦を、次の段階に進めるためだ。
 敵陣地の前まで、先発隊が援護しあいながら進軍していく。
 やぐらに残った援護隊は、先発隊を狙って顔を出した敵防衛ラインの生き残りを、次々に討ち取っていった。



 先発隊が、無事敵陣前たどり着いた
 やぐらに残っていた援護隊も、先発隊と合流する。
 ここから先は、正面にある敵陣地からの射撃と、背後の草原からの射撃両方を警戒しながら進まなければならない。
 先ほどのやぐらで思わぬ損失をこうむったチームメンバーだけで、役が足りるだろうか……?



 そんな中、見慣れないプレーヤー草原の警戒に当たった。
 潜んでいた敵数人を、瞬く間に討ち取っていく。
 やぐらの周囲からも、生き残ったプレーヤーたちが次々に集まってきた。
 周囲のプレーヤーたちが、増援に駆けつけてくれたのだ。
 定例会ならではの心強い援軍に、チームの士気も上がっていく。



 敵陣地を前にして、慎重に進軍ルートをうかがう。
 待ち伏せ覚悟で突撃を行うとはいえ、この場所から見える敵を減らしておくに越したことはない



 その間に、数人のプレーヤーが本隊を離れ、敵陣地に向かって散発的な射撃を始めた。
 敵の注意を引いているのだ。



 やがて、敵の気を引いている数人のプレーヤーが、本隊に指示を飛ばした。
 「GO! GO! GO!」
 ついに突撃のときだ。
 まず草原を警戒していたプレーヤーたちが迂回ルートになだれ込み、高浜銃工のチームメンバーがそれに続く。
 一時は心配された戦力不足も、増援に駆けつけてくれたプレーヤーたちのおかげで十分な人数になっている。
 だが、迂回ルートに飛び込んだメンバーを、予想外の光景が待ち受けていた。



 ブッシュが、深く生い茂っていた。
 背丈を優に越えるブッシュは、射撃どころか視界さえ遮ってしまう。
 どこで敵が待ち伏せているかわからない状況で、この視界の悪さ命取りだ。
 地図を見ていただけるとわかるが、描き込まれているブッシュはそこまで深いものではない
 しかし、季節は夏
 梅雨の間に濃く大きく伸びたブッシュが、予想外の障害物となって目の前に立ちはだかったのだ。
 このまま突撃を敢行するか、それとも、慎重に進む作戦に切り替えるか……。



 ブッシュに飛び込み、突撃を敢行した。
 あのまま慎重に進んでも、敵に防衛ラインを固められてジリ貧になる危険性が高い。
 せっかくさっき、敵本陣の気をそらしてもらったのだ。
 危険でも奇襲を敢行しなければ、せっかくの作戦が台無しになってしまう。



 敵陣の守りは、想定していたよりずっと手薄だった。
 それでもこちらの被害は少なくはなかったが、無事敵の側面に攻撃ラインを築くことができた。
 増援のおかげで十分な人数がいたため、待ち伏せに対応できたのだ。



 こちらの攻撃ライン敵の防衛ラインが、激しく銃火を交える
 まだこちらの戦力は十分にいる。数人のプレーヤーがさらにもう一歩先の遮蔽物まで進み、敵に激しい射撃を加えた。
 敵が頭を下げたのを見計らい、チームメンバーの一人フラッグ目指して駆け出す。



 取ったか!?
 そのとき突然、破裂音が響いた。
 チームメイトは、フラッグを取る寸前でヒットされてしまった。
 いったい何が起きたのだろうか?



 クレイモアだ。
 敵チームは周到にも、フラッグの周囲にトラップを仕掛けていたのだ。
 普段のゲームではなかなか見られない防衛策に、チームの足が鈍る
 第二、第三のトラップが仕掛けられている可能性も考えられるのだ。
 なかなかフラッグアタックに乗り出せないメンバーたち。
 しかし、ここで立ち止まっていては、早晩全滅させられてしまう。



 「あと三分!」
 アナウンスが響き渡った。
 残り少ない制限時間を意識して、チームの攻撃が再び熱を帯びていく。
 もはやトラップを警戒している時間も惜しい。
 一人のプレーヤーが、フラッグの置かれたドラム缶駆け寄った



 集中砲火が、フラッグめがけて降り注ぐ。
 攻撃ラインに残ったメンバーたちが、フラッグアタックしたプレーヤーを必死に援護する。
 フラッグアタックしたプレーヤーは、ドラム缶の裏に巧みに身を隠し、手をいっぱいに伸ばしてフラッグをつかんだ!



 勝利のベルが鳴り響く。
 フラッグゲット。作戦成功だ。
 高浜銃工のメンバーがフラッグゲットできなかったのは残念だが、増援が駆けつけてくれなければ、ここまでたどり着けていたかも分からない。
 素直に喜びあいハイタッチを交わす。



 高浜銃工のチームメンバーと、名も知れないプレーヤーたちが、お互いの健闘をたたえあう。
 こうして、チーム初の試みとなったフラッグゲット作戦は、無事成功したのである。


 チーム単位で作戦を立てて動くという試みは、筆者個人的には非常に面白かった
 大人数で動くことで行動のバリエーションも増えるし、援護しあいながら進めるために作戦の成功率も高い。
 何より大所帯で動いていると、少人数で戦っている周囲のプレーヤー手を貸してくれて、いつの間にか戦力が増えている
 名も知らないプレーヤーとの共闘サバゲの醍醐味だ。
 ゲームを有利に進められて、たくさんの人と共闘できるのだから、これほど楽しいこともない
 ぜひまた、特に大人数で行う定例会に参加したいときなどは、積極的に作戦を立ててみたいと思う。



 さて、高浜銃工7月のゲームは、『フォレストユニオン』への定例会参加を予定している。
 バトルシティと同じ系列のフィールドだが、こちらは森林今回とはまた一味違ったゲームが楽しめることだろう。





同じカテゴリー(サバゲ記録)の記事画像
8月16日定例ゲーム
4月24日定例ゲーム
2月27日定例ゲーム
1月の定例ゲーム
10月の定例ゲーム
同じカテゴリー(サバゲ記録)の記事
 8月16日定例ゲーム (2011-08-25 22:12)
 4月24日定例ゲーム (2011-05-14 21:23)
 2月27日定例ゲーム (2011-03-02 00:21)
 1月の定例ゲーム (2011-01-18 06:35)
 10月の定例ゲーム (2010-10-27 14:12)

Posted by Laice  at 00:01 │Comments(2)サバゲ記録

この記事へのコメント
状況説明が大変よく理解できる文面で感服しました。
Posted by yakunobainin at 2011年07月05日 00:29
 yakunobaininさん、いらっしゃいませ!
 少しでも情報が伝わるように、楽しんでいただけるように考えて書いているので、お褒めいただけてうれしいです!
 ありがとうございます!

 よろしければ、またお越しくださいね!
Posted by LaiceLaice at 2011年07月08日 20:28
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。